Fosrenol.jp

バイエル薬品株式会社
  • HOME
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

国内長期投与試験

投与開始時における血清リン濃度は8.03mg/dLであったが,投与10 週後5.33mg/dLに低下し,以降3 年後までその効果は維持された.

■血清リン濃度の推移

血清リン濃度の推移

対  象 高リン血症を呈する血液透析施行中の慢性腎不全患者145 例
方  法 ホスレノールを1日3 回,食直後に3 年間投与した.投与量は750mg/日から開始し,750~4,500mg/日の範囲で用量を調節(1 回の増減量は750mg/日),血清リン濃度低下効果および安全性を非盲検法により検討した.
評価項目 血清リン濃度の推移,血清カルシウム濃度の推移など

Shigematsu T. et al.: Clin Exp Nephrol. 14(6), 589(2010)(長期投与試験)
バイエル薬品社内資料(長期投与試験)

戻る進む
    L.JP.GE.09.2014.0059
血清リン濃度 血清カルシウム濃度